眠剤なしで深い眠り、質の良い眠りが欲しい人へ

睡眠について
ddimitrova / Pixabay

日本では、成人の約30%の人が、不眠症だといわれています。

これは、ある意味、国民病といってもいいのではないでしょうか。

しかも成人の20人に一人は、睡眠薬を服用しているという統計もあります。

確かに睡眠薬を服用すれば、ぐっすりと眠ることができるようになるかもしれません。

一方で、睡眠薬を一度服用すれば、二度と睡眠薬から逃げ出すことができないんじゃないか・・とか、副作用で命に係わるようなことがあるのではないか・・・などを心配する方もいるかもしれません。

睡眠薬を試す前に、「健全な方法」で睡眠と向き合ってみてはいかがでしょうか。

効果は、人によって違うので、「効果が必ずある」というものではありませんが、試してみる価値はあると思います。

 

機能性表示食品「リフレのぐっすりずむ」を飲んでみる

こちらの商品は、L-テアニンとい成分により、不安傾向にある脳波を出すことなく、安静時に発するα波を出すことにより、深い眠りに誘ってくれます。

そのために癒しの効果もあります。

リラックスして、緊張状態から解放されるようになります。


こちらの商品は、今なら初回1,000円でご購入いただけます。

こちらのページに、この商品の説明があります。

 

夜、眠ることができない人は、昼間に睡魔に襲われることはありませんか。

昼間に睡魔に襲われることがなく、しっかりと起きておくことで、夜の眠りの質を向上させるという方法もあります。

昼間の眠気を防ぐには、このサプリをおすすめします。

こちらも「機能性表示食品」ということで、薬ではなく「食品」です。

サンスター健康道場「ラクトフェリンS」です。

こちらも今なら、お試し価格の1袋500円で購入できます。

もし、昼間に睡魔に襲われる人がいましたら、こちらをおすすめします。

ラクトフェリンの詳細はこちら

 

薬には頼らず、枕を代えてみる方法もありますね。

日本人の体形に合わせて設計された肩こり・首こりに対策を施された「モットン枕」です。

【高反発まくら モットン】公式サイトはコチラ

元中日ドラゴンズの山本昌さんもおすすめしている商品で有名です。

「自然な寝返りを打つことが重要」ということで、開発された枕なので、一度眠りに入ると、深い眠りへと誘ってっくれるに違いありません。



深い眠りに入るには、「寝る環境」も重要になってきます。

深い眠りに入るための、照明、香り(アロマ)、音楽と人の五感に訴えた環境作りをしてくれます。



これらを1台で賄ってくれるのが『スリーピオン』なのです。五感のうち三感(聴覚、視覚、嗅覚)の環境づくりを行うことで、人間本来の「眠る力」を自ら呼び起こすことを目的に作られています。

【公式サイト】Sleepion(スリーピオン)

薬などに頼らない自然で良質な睡眠環境を作るには、ちょっとした努力で可能になります。

このようなことにも気を配ってみましょう。

・夕方以降のカフェインや深酒は控える
・食事は、就寝の2~3時間前までに
・お風呂はシャワーで済ませず湯船にゆっくりつかる
・眠る1時間前にはPCやスマホを見ないようする
・枕やマットレスなど寝具は身体に合わせたものを使用する etc.

いろいろ試すことは、いい事だと思います。

ひとつずつ試していくことも、睡眠改善のためには、必要なことかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました