身体を温める食べものは?身体を冷やすといろいろな症状が出て行きます。

冷え性の悩み

身体を冷やすことで、このような症状が出てきます。

  • 肌が荒れて化粧品だけではとても回復しない
  • 夜、眠れない。不眠症かな?
  • 毎日の疲れが蓄積されて、日々疲れていくような感じがする
  • 便秘を解消したいけど、自分に合うサプリが見つからない
  • 生理のたびに痛みがやってくる
  • 最近、急に老けたように思えてしょうがない

このように体を冷やすといいことはありません。

そこで食べ物によって体を温めることができないのかを考えてみました。

身体を温める食べものって思ったよりもたくさんあるんですね。

野菜でいえば、根菜類(たまねぎ、レンコン、ゴボウ、ニンジン、山芋など)、生姜、ネギ、にら、にんにく、かぼちゅなども体を温める食べものなのです。

果物では、リンゴ、ブドウ、さくらんぼ、みかん、ももなど

その他、卵、レバー、チーズ、小魚、赤みの魚、タコ、ハチミツ、栗、ゴマ、トウガラシ、ピーナッツ、植物油なども体を温めてくれます。

逆に体を冷やす食品を上げると

野菜でいえばレタス、キュウリ、ほうれん草、アスパラガス、トマト。

果物では、スイカにメロン、イチゴ、ナシ、マンゴー、パイナップル、カキなど

その他にも上白糖、カレー粉、精製塩、冷凍食品、菅図目、防腐剤や添加物が入っている商品やカニなどです。

もっとわかりやすく分類すると、身体を温めてくれるものは、土の中で育つもの、寒い地域や季節に摂れるもの、黒や暖色系の色をしているものが、体を温めてくれる食べ物なのです。

食べ物だけでは、体が温まらないという方には、こちらをおすすめします。

「アルポカ」をおすすめします。

アルポカについて詳しくはこちらをご覧ください。

身体を冷やすことが、様々な方での異常を生むことをご存知でしょうか。体が冷える原因は。血液の巡りが悪いからなのです。

血液の巡りが悪いと、肩こり、生理痛、腰痛、寝つきの悪さに影響してきます。

血の巡りが悪いだけではないのかもしれません。

そもそも、あなたの体の中にある「血」足りないのかもしれません。
女性は、毎月の月経で年間約1kg以上の血を失うこともあり、圧倒的に「足りない」人が多く、「血」を巡らせること自体ができにくい人が多いのです。

まずは、体をしっかりと温めて、温活をしましょう。

アルポカの口コミついてはこちら

アルポカについて詳しくはこちらをご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました