野菜不足の解消の仕方 3選

野菜不足

野菜不足は、様々な方法で解消できます。

代表的な野菜不足の解消方法は、「青汁」を飲むことです。

しかし青汁には、あまりにもたくさんの効果がありすぎて、どの青汁を選んでいいのかわかりません。

青汁といっても乳酸菌が入っていたり、カテキンが入っていたり、抹茶が入っていたりして、本当に野菜不足を補ってくれるのかわかりません。

そこで100%九州産野菜で安心!野菜屋さんが作った【ドクターベジフル青汁】をご紹介します

野菜が、健康に欠かせないのは大切な栄養素のひとつであることは、良く知られています。

でも毎日、必要な量を食べ続けるのは、大変です。

厚生労働省では、1日の野菜の量を350gとしています。

これは生野菜(サラダ)で小皿約5皿分にもなります。

青汁は「野菜が主役」という今までの青汁とは、少し視点が違う青汁です。



野菜はやっぱり野菜ジュースで飲みたいという方

ミリオンの健康ドリンクセットをお試し価格で販売致します。

当社の商品は可能な限り、添加物不使用なものをお客様にご提供しています。

4種類のドリンクを飲み比べていただき、お好みの商品を見つけていただく為のセットです。

1)国産緑黄色野菜ジュース×6缶 健康食品会社であるミリオンが目指したのは、『自然に一番近いサプリ』。 なかなか摂りにくい1日分の緑黄色野菜を使用した濃厚な味わい。

保存料・着色料・香料無添加。 22種類もの旬の国産野菜をバランスよく配合しています。

熱処理で奪われがちなビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB1を入れ、栄養補給をしっかり意識した配合です。 こちらももちろん天然成分を使用しています。

 

2)ゴーヤ&ヤーコン×2缶 ゴーヤの苦味成分“モモデルシン”が気になる糖をサポート。

ヤーコンの甘みで苦みを調和させ、栄養と美味しさをギュッと凝縮。

3)ブルーベリー&クランベリー×2缶 「北米ワイルドブルーベリー協会認定」のブルーベリーを使用でポリフェノールたっぷり。

濃厚な味わいで、いつまでも若々しくいたい方へ。

4)アロエ&グレープフルーツ×2缶 アロエベラと、ピンクグレープフルーツのビタミンが、キレイをサポート。 さっぱりとした味わいが人気。



野菜ジュースは自分で作るというこだわりのある方には、「Kuvingsジューサー」をおすすめします。

家電量販で販売されているジューサーとは全く違います。

コールドプレスジュース(低温圧搾ジュース)が自宅で作れます!
低速回転圧搾式で、栄養素の劣化が少なく、しかも【たっぷりの量を】【素早く搾れる】ジューサーです。

低速ジューサーのグローバルブランド 『Kuvings クビンス』 が『 素材カットの手間 』を大幅に省いて搾れるジューサーを開発しました。

カットすればするほど、『 素材が空気に触れて、栄養素の劣化が進むのでは?』
生ジュースを習慣化したいけど、『 忙しい朝に素材を切るのが手間!』
というお客様の声に取り組んだモデルです。



 

こちらも関連商品です。 青汁が苦手という方には、「サプリ」で摂取するという方法もあります。

「九州野菜を使った純生酵素」です。

名前の通り、九州産の野菜しか使っていません。

でも、このサプリは、野菜不足を補うものではありませんでした。

生きた酵素を使って、糖質(炭水化物)を分解して糖質が吸収される前にバラバラにして、体の中に余分なものが溜まらないようにしているんです。

余分なものが体にたまらない⇒太らない、痩せていくという事なんです。

ダイエットのためのサプリですね。



タイトルとURLをコピーしました