足裏マッサージで全身の調子を整える

冷え性の悩み

足裏は、心と身体の状態を映す鏡である。

リフレクソロジーという言葉をご存知ですか?簡単に言うと足裏マッサージです。

足裏をマッサージする時間は、自分と向き合い自分を愛しむための時間でもあります。

足裏の刺激が、健康維持、増進につながる理由は大きく分けて二つあることをしていますか?

ひとつは足裏には身体の器官が反射投影されており「反射区」という存在でそれぞれの器官とつながっているため、足裏を刺激することで、間接的に全身の器官に働きかけ機能を活性化させるのです。

もうひとつは、血行を良くするのです。心臓から送り出された血液は、重力に従って足元へと流れます。

血液を心臓へ送り戻すポンプの役目がある足の筋肉が活性化するとその機能が高まります。

血行が良くなると、体内の老廃物をスムーズに輩出できるうえ、人間が本来備えている免疫力や自然治癒力のアップも期待できます。

また心への作用も大きいのです。疲れているときや落ち込んでいる時、手のぬくもりを感じると心が自然と穏やかになるのを感じるはずです。

足の幅や大きさから性格の傾向もわかります。

足が大きい人は、気持ちが寛大でおおらか、小さい人は用心深くて心配性な人が多いといわれています。

また足幅が狭い人は、穏やかながら神経質、広い人は要領がよくて勤勉、まじめな性格の人が多いといわれています。

あくまで傾向ですが、自分や周りの人の足を見比べてみると面白いですよ。

生まれつき足裏全体が冷たい人は、気が弱くて内気な性格という傾向がみられるようです。

足の裏の汗の量が増えたら心のケアを

足の裏の汗の量が急に増えたら、精神疲労やストレスを抱えている可能性があります。

過度の緊張状態が続くと、足裏が汗ばみやすくなります。

また足裏全体がざらざらしている場合には、足に合っていない靴を履いている可能性があります。

合わない靴は足を圧迫し、負担になってしまいます。

角質と違うざらざらを感じたら自分の靴もチェックしてみてください。

特に足指には、心の変化が現れやすいのです。

普段よりも足指、特に指先が冷たいと感じるときは、血流が滞っていたり、身体がエネルギー不足の状態と考えられます。

また、全身の中で足裏だけが温かく、ほってっているようならばストレスや疲労、精神的な緊張など心に負担を抱えているのかもしれません。

合わせてくるぶしを確認し、くるぶしの下あたりが膨らんでいれば、足がむくんでいる可能でいる可能性もあります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました