妊娠率は年齢とも相関 35歳をすぎたら相談を

不妊は決して珍しいことではありません。

不妊治療は、大きく一般不妊治療(タイミング方や人工授精、卵管鏡下卵管形成術など)と高度生殖医療(ART)に分けられます。

女性が35歳以上で、初めての赤ちゃんを望むならば、一般不妊治療は半年くらいにとどめ、可能であれば、より妊娠率の高い体外受精を検討されることをおすすめします。

まだまだ体外受精に抵抗感をお持ちの方も、いらっしゃると思いますが、日本では、赤ちゃんを望むカップルの5.5組に一組、およそ100万組以上のカップルが不妊で悩んでいるといわれています。

結婚年齢や平均初産年齢が上昇している現代においては、不妊は決して珍しいことではありません。

早めの判断が得策だといえます。

 

また40歳以上では、体外受精でも妊娠率は低下し、妊娠しても流産のリスクが高まります。

40歳を超えてからの不妊治療は、できることならはじめから体外受精を視野に入れておいたほうが良いと思います。

女性の身体に負担を考えると、体外受精は毎月行えるわけではありません。年に4~5回程度です。そのため、体外受精を行う周期以外は、一般不妊治療を行うなど、両面からの治療で少しでも妊娠のチャンスを広げると良いでしょう。

 

男性側の場合、医療行為だけでなく、普段の生活でも気をつけてほしいことがあります。

男性不妊には、運動療法が効果的という臨床結果が出ています。激しすぎる運動は生殖能力を下げることがわかっており、少し汗ばむ程度の運動がベストです。

また男女ともにいえるのは、ストレスケアです。

このストレスケアに対する意識は年々高まってきています。

一人で又はカップルだけで悩まず早めにクリニックや専門機関に相談してくださいね。

青汁で妊活!夫婦で妊活!【青汁タイプのNO.1ミトコンドリアサプリ】大人の青汁

★不妊専門クリニックで1万人以上の妊活夫婦と向き合い、 導き出した青汁タイプのミトコンドリアサプリです。

★不妊関連学会の出展や不妊専門クリニックでも紹介されています。

★不妊クリニックに通う方・妊活中の女性が選ぶ【妊活サプリ人気1位】に選ばれました。

支持される理由があります。

★「卵子の老化」「精子の質」の原因である【ミトコンドリアサポート成分W配合】。

★不妊専門医も着床サポートで着目するビタミンDを新配合。

★赤ちゃんを迎える時期に必須の【モノグルタミン酸型葉酸600μg】強化

★授かるカラダの土台を支える【ビタミン10種、ミネラル14種、アミノ酸18種】

★男性の活力、女性のめぐりに【L-シトルリン1200μg、亜鉛10mg】 発売開始から既に1万人以上の方にご利用頂いている大人の青汁が更にパワーアップしました。

大幅にパワーアップした 【青汁で妊活!夫婦で妊活!】【青汁タイプNO.1ミトコンドリアサプリ】






にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ