冷え性を改善するた食事のコツを教えます

冷え性の悩み

血流改善、代謝アップを助ける食材がカギ

冷え対策はしているのに、手や足の先はいつも冷たい・・・・。

そんなあなたは、食事にひと工夫を。今日からできる冷えを撃退する食事のコツを伝授します!!

消化

消化は内臓の運動。体の中心から熱が生み出される。胃は、食べ物と消化酵素を混ぜて食物をどろどろにするのが役目です。この作業で胃の周辺の筋肉は大きく動きます。その際、筋肉活動が活発になり、その運動時間が長いほど熱量生産は増えます。

食べることは、冷えを解消する第一歩なのです。

ご飯を食べると、体が、なんとなく熱くなることはありませんか。また太った人が、食事をすると汗びっしょりになったところを見たところありませんか。これは、胃が活発に動き熱を発している証拠です。

 

代謝

代謝とは、何を意味しているのでしょうか?体に入った食物は、消化によりどろどろに溶かされます。そのどろどろに溶かされた食物をエネルギーに変えることが「代謝」なのです。この代謝にひつような栄養分をしっかりと取っているのと取っていないのでは、代謝が円滑にいくかいかないかということで、熱が発生する量も大きく変わってきます。

栄養素をエネルギーに変える役割を担うのは、肝臓です。栄養素をエネルギーに変えるほかタンパク質を新たな組織につくり替える準備をしたり、多くの化学反応を起こして多量の熱量を発生させているのです。

肝臓に多くの血液が集まり、体中に流れていきます。そのおかげで、肝臓で作られた熱は、体全体へと運ばれていくのです。

 

交感神経

辛い物を食べたときとか、汗が出てきませんか。これは辛み成分が交感神経を刺激し脳が熱を作るように指示しているからです。つまりこのように交感神経をコントロールし刺激することで、冷え改善にすごく役に立つのです。同時に脂肪の燃焼も促進させることができます。

辛みや酸性成分は、体内に入ると交感神経を刺激し、ノルアドレナリンが放出され体幹付近に多く存在する褐色脂肪細胞が活性化します。この褐色脂肪細胞は脂肪をエネルギーとします。そのため体幹から体を熱くしてくれるのです。

熱を運ぶためには、血流が良くなければなりません。

血流促進にいい食材と栄養成分を知っておきましょう。

ビタミンE

老化防止ともいわれているビタミンE。末梢の血管を広げて血流を促進します。

コーン油、ひまわり油、赤ピーマン、ほうれん草、アーモンド、タコ、ブリ、うなぎ、鮭、ごまなど

辛み成分

交感神経を刺激します。特に辛み成分で有名なカプサイシンは、効果抜群!!

ししとう、唐辛子、玉ねぎ、にんにく、カレー粉、生姜、こしょう、ワサビなど

オメガ3

脂肪の構成成分のオメガ3は血中の悪玉コレステロールを減らす作用があります。血液をサラサラにし、オメガ3の1種DHA・EPAは脂肪燃焼を促進させます。

サンマ、アジ、サバ、いわしなどの青魚、うなぎ、クルミ、マグロ、納豆、鮭など

これらの商品は、偏りにないようにしバランスよく食べることが大切です。

というわけで冷え解消のためのおすすめ商品をご紹介します。

人生ごと温める! ヒートスムージー

ヒートスムージーってどんな商品?

多くの女性が悩んでいる身体の冷えは、肩こり、便秘、腰痛、生理痛、不妊など・・・

いろいろな悩みにつながります。

ヒートスムージーは、そんな冷えにお悩みの女性のために頭をフル回転させて考え抜いた自信作です!

血のめぐりが冷えの改善につながりますが、そもそも血が足りていないと血をめぐらせることはできません。

女性の冷えがずーっと改善されない理由はここにあります。

1日分の鉄分を配合し、有機生姜・高麗人参や今話題のホーリーバジル・シャタバリなどをベースに、 10種の植物抽出エキスを配合。

(1)血をつくり → (2)体を温め → (3)血を巡らせて → (4)心身ともに整える という、4つの効果で冷えの改善をサポートいたします。

お湯で割って美味しく飲んでいただくヒートスムージー。

さらさらとした液体タイプなのでサッと溶け、忙しい時にはそのまま飲むことも出来る優れもの。

厳選素材をギュギュギュッと。

ジンジャーレモン味でサラッと飲みやすいヒートスムージーを ぜひお試しください。

 

タイトルとURLをコピーしました